ひきこもりアラフィフミニマリストの実態

寝てる状態メインの、病気&障がい持ち独身ミニマリストの日々。

長女うさぎの旅立ちから、次女うさぎのお迎えまで【グリーフ・ワーク】【ペットロス】

 

とても悲しいことに 

よねこさんの愛うさぎ・マメ子ちゃんが

お月様へと旅立ってしまったそうです

 

www.spicy-mameko.com

 

よねこさんからのリクエストで

長女愛うさぎ・も~こを亡くしてから

次女うさ・むっちゃんをお迎えするまでの

心の有り様などを書こうと思います

少しでもお力になれたらいいな・・・と思います

 

手紙

も~こが亡くなった直後

衝動的に手紙を書きました

も~このことで頭がいっぱいの私

自分の高ぶっている気持ちを

整理するためです


便箋5枚分くらいになりました 

以下は、手紙の内容を動画紹介用コメントを加えて

編集したものです

 

f:id:usahouse:20180830225842j:plain

もこへ (もこ旅立ち詳細に代えて)

2012年12月24日

 

もーこ♪
かわいい もーこや♪
いつもどおりママがねるとき
おやすみして・・・
起きた時に
いつもどおり起こそうとしたら動かなかった・・・
おちりとしっぽが見えたけど何の動きもなくてどきっとして・・・
名前よんだけどやっぱり何も動かなくて
恐怖とパニックが押し寄せるのを必死でこらえたよ・・・
手をのばしておちりをさわったけどやっぱり何もうごかず
それでああ亡くなったんだ
って思った・・・

おカオがみたくて、そーっと
トンネルを出したよ
いつものようにおめめをアーモンド型にひらいて
かわいいお顔していたね

ほっぺをさわさわしたよ
勝手になみだがだだだってでたよ
私 あまりにも泣く事がないから
涙腺とっくになくなったんだとおもってたから
ちょっと もーこってすごい
ってこのときおもったくらい

いつも動いてるおはなも動いてなくて・・・
そんなおはな はじめてみたよ
ピンクの色もうせてて・・
あー やっぱりなくなっちゃったんだ
っておもえた・・・

トンネルにはいってるから奥まで手がはいらなくて
ほっぺと首をいつものようになでなでしたよ

ありがとう ありがとう
大好きだよ
って 何度もはなしかけた・・・


5日くらい前・・・
ふとさわった背中が異様に骨っぽく感じて
すごくやな気持ちになったって
つぶやきにかいたんだよね
友達にいったらそれは毎日近くにいる人の
予感だったのかもって
そうだったのかもね
あのごつごつやせてる感触は
死の予感・・・

どうしてあの日にかぎって長くねちゃったんだろ
もっとはやくおきてみてあげてたらまだ元気だったかな?
どーしてあの日特に寒かったのに
ストーブつけてねなかったんだろ・・・
火事になっちゃったらたいへんだったから
よかったんだよって思いながらも
悔やむ気持ちがあるよ

(中略)
午前中 郵便やさんがきたけど
あのとき もーこ どうしてた?
もしかしておなかへって ママをまってた??
さむからあっためてほしかったかもしれないよね?

もーこは・・・
おなかへると、もーこのはいってた草のとんねるを
がじがじ食い荒らしてたね
でも まったくといっていいくらい食べられてなかった・・・
私が中に入れておいた草だけは
綺麗に食べ終えてくれてたね・・・

カリコリ食べて おやすみなさいした
それが最後の元気な姿だったね
あのあともーこが草を食べてる音をきいたきがするよ
じっさい草、なくなってたし・・・
友達が言ってくれたように、
草を全部食べて、
おなかいっぱいになったから、そのまま
丸くなってうとうと眠くなってねんねして
そのまま 起きるのわすれちゃったのかな?
そうだったら ママはすくわれるんだけど・・・

うんちもほとんどなかったね・・・
私 12時間以上もねてて もーこのようすにきづいたとき
うんちの少なさに驚いた
ねんねしてから わりと はやい時間に旅立ったのかな?

わからないこといっぱい
やっぱり後悔でてくるね

でも もーこ
ホントニいい子だったね
ママを思いやって手をかけずに旅立ってくれたかのように
優しい子だったね
私にはもったいないくらい
かわいくて最高のこげちゃだったよ

もーこ。もーこや♪
さよならじゃなく 「またね」っていうって
ずっと前から決めてた
だから葬儀場でほんとに最後のお別れのときも
「じゃあ、またね」
っていったんだよ
いつも一緒だから・・・
ママといてくれてありがとう!
おまえは最高にいいこだった!
大好きだよ♪これからも!!

ママより

 

動画 

葬儀の後

突き動かされるように

最後の動画を作成しました

 

うさ動画★もこ、虹の橋へ ありがとう(現在閲覧できません)

2012年12月23日

後半に遺体画像あります

残虐でなければ

見せたほうがいいというのが

私の考えですのであえて入れました

苦手な方は閲覧ご遠慮ください

 

亡きがらを撮影することや、

それらの画像・動画を一般公開することは

賛否両論の意見があります

NGという声のほうが強いかもしれません

 

私も以前は、

亡くなった存在をさらしものにするなんて!

と批判的に見ていました。

 

ですが、あるうさちゃんの

最後の日々~埋葬までの動画を見て

自分にとっての愛うさぎとの時間が

とても大事なことに気づかされ

自分の愛うさぎが生きている奇跡の時間に

より感謝するようになりました

 

その動画を見るたびに涙があふれますが

同時に、今生きていてくれる大事な存在に

感謝する謙虚な気持ちが心を満たしてくれました

 

以来、何度もその動画を見て、気持ちを引き締めてきました

動画を製作・アップしてくださった方には

とても感謝しています

 

大家族だったころの日本では違ったかもしれませんが

核家族化ががすすみ、ましてや私は一人と1うさの生活なので

日常に死が存在しない、もしくはひじょうにまれなのです

死にたいしての現実感がないのです

だから、実際にやってくるまでは、

どこか他人事だったのです

身近で大切な存在を亡くしたことが

なかったので、想像することができなかったのです

その想像を手助けしてくれたのが

先にご紹介した動画でした

 

不謹慎だという意見もわかりますが

死を目の当たりにする機会の少ない現代だから

死のシュミレーション学習(?)も大事かもしれません

 

戦争の手記本や写真集を

残酷だ心の傷になるといって避けるよりも

読んで生きていることを感謝することが

大切だと思う私ですが

それと同じかもしれません

(そもそも生きること自体が傷みで

傷つくことだと思いますしね)

 

必ず訪れる死のリアルを目にして、

私もその時が来たら

動画をつくろうと決めました

 

そして、も~こ葬儀の直後から、

動画を無我夢中で泣きながらつくり、公開し、

同じように愛うさぎを亡くした方からのコメントをいただいたり

会話をすることによって心が慰められました

やがて、批判的なコメントも目立つようになり

そろそろ、も~こもしずかにしたいだろうと思ったので

非公開にしました

(ご希望でしたら期間限定で再公開します)

 

動画をつくったことに後悔はありません

むしろ一つ一つを見つめて

現実にも~こが亡くなったことを

自分の中で消化していくための

プロセスになった気がします

f:id:usahouse:20180830180857j:plain

 

ケージにぬいぐるみを入れたら落ち着いた

1部屋だけの我が家

つねにも~このケージが目に入ります

その中がからっぽなのが辛くて、

も~こに近い色・サイズ・形の

ぬいぐるみをケージに入れてみました

 

すると、なんだか気持ちが

不思議と落ち着きました

f:id:usahouse:20180830164728j:plain

ケージの中にいるのは、ぬいぐるみです

よくも~こがいた位置に置きました

 

抱っこした時のサイズ感も

も~こと同じくらいなので

手が寂しい時には

このぬいぐるみを抱っこしました

 

喪中

静かに、笑うことなく、

心はも~このことでいっぱいな日々を

過ごしていました

何をしていても心の中は、

も~このことばかり

おしゃれ大好き、

ピンクのゴージャスな服装が大好きでしたが

も~こが亡くなってからは

それらを着る気持ちになれず

「喪に服して静かに過ごそう」という

気持ちが強く、

黒い地味服で毎日を過ごしていました

そのほうが気持ちが落ち着きました

無理に明るい服をきると、内面にそぐわなくて

疲れてしまいました

(3か月間ほどこの黒服で過ごしました)

 

SNSのアイコンも「喪中」の文字にし、

コメントをする気力もなく、

人の記事を読む気にもなれませんでした

 

 幾度となく思い出す

亡くなった時のこと

どうしようもなく後悔ばかりです

あのときああしていたら

まだ生きていただろうか、のように

 

それは、多くの人が親しい存在を亡くした時に

思うことで、どんなに手を尽くしても

亡くした時には後悔するものだと

ある人に教わりました

そうかもしれない・・・と思いました

 

 「も~こに会いたい」

ネット上で一人、幾度もつぶやきました。

(当然レスなし(^^;))

死のなにが辛いって、

毎日いた顔に会えないこと、

さわれないこと

いつかはまた会えるとわかっているけれど、

今すぐ会いたいときに、

会えないのが辛い

 

そして、も~このために生きてきた私は、

死のうかな、と時々考えてました

でも、落ち込み過ぎて、実行する気力もなく

日々は過ぎました

 

うさぎショップに行く

大事な存在を亡くしたことがなかった私は

も~こがなくなったら自分はどうなるのか

想像もつきませんでした

 

もしかしたら、

うさぎ関連の物は

見るのも聞くのも堪えられなくなるかもしれない

が、実際は、何も変わりませんでした

部屋には変わらずうさぎのカレンダーが貼ってあり、

そのうさちゃんかわいい

 

も~こが旅立って10日ほどたつと、

うさぎに触れたくてたまらなくなりました

血中うさぎ濃度が低くなって

禁断症状ぎみに!!!「うさぎ~うさぎ~・・・」(嘘)

 

うさ屋さんにいってきました

2013年01月14日

 

うさちゃんに触れたくて~

うさちゃんのぬくもりに飢えていたので 。

もーこをお迎えしたところです。

色々思い出します。

あのころは携帯もってなくて

電話帳でうさぎをあつかっていそーなところをさがして

電話したなぁ。

今でも会話思い出せる(笑)

 

その日の午後、ショップに行ったら

ブルーの子うさぎが2うさいて、

同じケージに

もーこともーこの兄(おとうと)うさもいたのです。

4うさが2うさずつびったりと

ひっついて正面を向いて

おはなをフンフンフンフン動かしてる姿は

とびきりかわいかった!!

忘れられません(笑)


1うさいた!

もこと同じあのこげ茶色にしろが入っている子です♪

懐かしい色♪♪♪

見学予約がはいっていたので 

抱っこさせてもらえませんでした・・・残念。

他にも私が特に好きなカラー、

耳たれちゃんのトータスの女の子がいたので、

その子と、ネザーの女の子を抱っこさせてもらいました。

かわいーい!

そして・・・仔うさぎ独特のやわらかぁあああああ~い毛並み!!!

たまらないやわらかさ!!!

あったかくてふわふわ・・・・

うさちゃんを抱っこできてしあわせでした♪

 

も~この記憶を整理しながら

やっぱりうさぎが好きな自分を認め

うさぎをお迎えする気にはなれないものの

うさちゃんと触れ合いたくて

ペットショップへいったのでした

 

さらに3カ月後、

またまたうさちゃんをなでなでしたくて

同じショップにいってみると

以前だっこさせてもらった子が

まだお店にいて、だいぶ大きくなっていて

ほとんど大人と変わらない体格にまで

成長してました

(この子が、むっちゃんです)

 

3カ月前にいた他の子たちは

おうちが決まったらしくいなくなり

違う顔ぶれになっていました

 

再☆うさ屋さんにいってきました

2013年04月01日

 

1月14日の日記に書いた、
うさぎ屋さんに、
またまたいってきました♪


1月14日に、2うさ抱っこさせてもらったのですが、
そのときの ネザーのうさちゃんが、
まだいました。だいぶおっきくなってたので
ちょっと気になってきました

 

サイトで、 おうちが決まったうさちゃんや、

あたらしいうさちゃんを みてるのですが、

このうさちゃんは、なかなかきまらなくて・・・

すごくかわいいのに、こわがりちゃんだからなのかなぁ?

 

今日も2うさちゃん抱っこさせてもらいました。

まだ来て一週間もたってないみたいでちっちゃい!

画像を見たとき、「もこと眼がにてる・・・」と思ったのですが

実際に見ると、眼が出てるっ!(ギョロってる)

だいぶもーことはちがうお顔でした♪

でももちろんかわいい♪ そしてやっぱりきんちょうしてました。

横顔の画像でみると、もこと似てましたが

実際はこの子なりの個性があってかわいかったです♪

 

次に、1月14日にだっこさせてもらった子(オパールのネザー)を
再びだっこさせてもらいました♪

だいぶおっきくなってて、

でも 毛並みは子ウサギならではの

ふわふわーんとした やわらかぁい毛並み♪

どちらもグレーっぽい色です☆ 

 

f:id:usahouse:20180830172828j:plain

このこわがりっぷり!

私は逆に、この子が気になってしまいました。

 

というのも

私自身が幼稚園児の頃、先生から親に

「まやちゃんはみんなで遊ぼうと声をかけても

教室の隅でじっとして動かない」

という話があったそうです

(そして特別支援学級をすすめられました)

 

このうさちゃんが私には

とても自分と似ているように思えて

守ってあげたいと思いました

 

人間でも人見知りせず積極的な子は

どんどん友達を作って行って

人気者でした

私は人が怖く、緊張が酷く、つねにびくびくしてました。

班を作ると一人、いつも残ってしまいました。

私はいらない存在なんだなーとそのたびに感じてきました。

 

3か月前にいた他のうさちゃんたちがいなくなっても

まだいる怖がりなコ・・・

この子を見られるのは

私しかいないんじゃないだろうか・・・

そんな思いが湧いてきました。 

 

次女うさぎ

2013年04月06日

 

うさショップにいってきました。
二ヶ月前にいったときに
抱っこさせてもらった子が
まだ いたのです。。。
当時いたほかの子達は
ほとんどいなくなってたのだけど
なんでだろ?

可愛いのだけど
そう、すんごい ビビリだったのでした♪

同じ女の子でも
ケージでだらーん♪としてる子もいるのですが
この子は、二ヶ月前にあったときも、今回も
ケージの奥のすみっこにまるーくなって
こっちをみてたのです

緊張してるっ!

人に愛想のいい子、懐いてくる子は
早くおうちが決まるんですよね
近寄ってくる子や、ゆびをペロペロしてくれる子、
個性的な面白い子(行動とか お顔が♪)は
しばらくしていってみると
もういなくなってる!
しかも、ちっちゃい子だとほんとにすぐいなくなるっ!

 

このビビリの女の子は、
今月で5ヶ月になるのです。
サイズもほぼ大人!
しかも、おちっこをトイレだけじゃなく
他の2箇所にもしてました☆
トイレをちゃんとする子のほうが
おうちきまりやすいんだろなー
って思いました。

  

私は、二ヶ月前にであったビビリちゃんを
お迎えすることにきめました☆


どの子もかわいいのですが、
自分も超ビビリだからか、親近感かんじちゃうし、
なんか もしも・・・このまま のこっていっちゃったら
かわいそう って思っちゃったし、
なんだかんだ・・・
かわいい!

 

見てピンと来たとか、運命を感じたとか
ドラマチックな感覚はなかったんですが
3度目

膝上だっこをさせてもらってなでなでしながら、
この子をお迎えしようと思いました。

 

ネザーランドドワーフの、女の子。

色はもーこより、だいぶ明るいです♪♪

 

 このような経緯で

むっちゃんをお迎えすることになりました

うさちゃんをお迎えしたい気持ちが高まったからではなく、

むっちゃんをみていたら、

この子の緊張をほぐしてあげたい、

安心できる場所に連れて行ってあげたい、

という気持ちが強くなってのお迎えになりました

 

ここだけの話、

むっちゃんは、私の好みではなかったのです(ごめんなさい)

でも。基本的にうさちゃん大好きな私。

今では、むっちゃんが大好きなので、

好みじゃなかった色も好きな色になり

むっちゃんの個性も大好き、

すべてが大好きになりました。

むっちゃんは私の心を豊かにしてくれたのです。

 

私はこのようにして、

2匹目のうさちゃんをお迎えしましたが、

色々な方がいると思います。

 

うさぎを亡くしてから、

辛くて何年間もお迎えを考えられなかったけれど、

子どもがうさぎのお迎えを希望し、

いざペットショップに行ってみたら、

可愛くてメロメロになり、お迎えした方。

 

いつかはお迎えするだろうけれど、

それがいつかはわからないから、

つねに車にケージセット一式のせており、

ピンときた子をすぐにお迎えした方。

 

 別れがつら過ぎて、

お迎えしないと決めた方もいらっしゃいます。

 

私の場合は、明らかに

新しい出会いがより私を成長させ、

心を豊かにしてくれたと思います。

も~こを亡くしたことで、

むっちゃんには、より謙虚に

せっすることができるようになりました。

 

元気で動いてくれているだけで・・・

今日も生きていてくれて、ありがとう

と思うことができます。

前よりも一層、今を大事にしよう・・・と思えています。

自分も歳、とってきてるし!

 

も~この旅立ちから、

むっちゃんをお迎えまでの話でした 

 

マメちゃんはよねこさんに

感謝いっぱいしてくれてると思います

も~こと一緒に、私たちを見守ってくれていますよ♪ 

 

だしまきマメ子ちゃんのご冥福を

心からお祈り申し上げます

そしてよねこさんの心が癒され

少しでも楽になりますように・・・

 


読んでくださってありがとうございました
応援クリックしていただけると嬉しいです
 
 f:id:usahouse:20171125191846j:plainも~このお姉ちゃんもみてます

ミニマリストの参考になるブログはこちらからどうぞ

持たない暮らし

少ないモノで暮らす

断捨離でゆとり生活

断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

ミニマリストになりたい