もふもふな毎日

難病の友人と愛うさぎのために生きる、病気&障がい持ち独身アラフィフの日々

【広島原爆|ヒロシマ】享年17歳の伯母の命日。【2018夏】

 

今年は

8時15分に

お祈りできました 

私には、私が生まれる前に

亡くなった伯母がいます

歳をとるにつれ

会ったことのない彼女を

思うことが多くなりました

f:id:usahouse:20210806011231j:plain

画像はイメージです

生前の伯母の姿は

父親が持っていた

一枚の写真でのみ知っています

セーラー服姿の少女

私ととてもよく似ているのです


1945年8月6日

当時17歳の

伯母が亡くなりました

広島に落とされた

原子原爆(原爆)のためです

 

病弱な伯母は

朝から病院へ行く途中でした

自宅から爆心地方向への途上に

いたのでしょう

 

百度から数千度の熱の中で

伯母はおそらく

一瞬で炭素になったのでしょう

 

祖母と父が

歩いて捜しましたが

骨すらみつかりませんでした

 

その時

祖母と父は

自宅にいました

部屋のすべての畳は吹き飛び

ガラス窓が一瞬ですべて割れ

反対側の壁に無数に突き刺さりました

 

父の頭からは

数十年たっても

ガラスの破片が見つかることがありました

頭がかゆい

その原因はガラスだったという具合です

 

同じことが

絵本『ひろしまのピカ』にも

紹介されています。

 


 

被爆二世の私は

幼少時から

毎年8月6日の8時15分に

黙祷をするように

習慣付けられてきました

今は廃止された

被爆者の子手帳」を持ち

自分は何者でどんな体なのか

原子力とはなんなのか

折々考えました

 

今日も

例年のように

原爆関連の本を読み

伯母や当時のことに

思いをはせています

6日の原爆投下時刻には

今年も黙祷をします

 

たった1年に一度

テレビの前で正座して

祈るだけですが

大事な時間です

(3年前の日記より)

 天涯孤独でも

私の体に流れる血は

親、祖父母、その先祖から

受け継がれてきたものには

変わりありません

 

国民の7割が

1945年8月6日が

何の日か知らないという

昨年度の何かの調査結果は

ショックでした

 

日本への原子爆弾投下 1945年(昭和20年)8月6日・8月9日

 

広島への原子爆弾投下(1945年8月6日)

長崎への原子爆弾投下(1945年8月9日) 

f:id:usahouse:20190824071022j:plain

原爆投下から4か月で

約14万人が亡くなったと

言われています

この数字だけでも

大変なものです

 

広島市 - 死者数について

 

東日本大震災のような

近年の大きな出来事も

70年もしたら

大部分が知らなくなるのでしょうか

 

人間って

恐ろしく

愚かだなぁと

思うのです

 

だから

戦争がなくならないんだなぁ

 

9日の11時2分にも

お祈りします

 

話は変わりまして

むっちゃんです(〃ω〃)

f:id:usahouse:20180806141003j:plain

にゅっ♥

 

f:id:usahouse:20180806141032j:plain

ちらっ♥

 

f:id:usahouse:20180806140943j:plain

もふ~ん♥

 

f:id:usahouse:20180806141105j:plain

平和っていいな♥♥ 

読んでくださってありがとうございました
応援クリックしていただけると嬉しいです
 
 f:id:usahouse:20171125191846j:plainおいのりしたらまたらねんねでぷ♥

ミニマリストの参考になるブログはこちらからどうぞ

持たない暮らし

少ない服で着回す

少ないモノで暮らす

断捨離でゆとり生活

断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

ミニマリストになりたい