もふもふな毎日

難病の友人と愛うさぎのために生きる、病気&障がい持ち独身アラフィフの日々

食べ過ぎ、時々『プチ断食』。【偏食アラフィフミニマリスト】【ダイエット】

f:id:usahouse:20200221032309j:plain

夜中の2時に

1000kcal分の

お菓子を食べてしまいました

 

内訳:

果汁グミ 1

イクランチチョコ2袋

ようかん 2

 

ところで

最近わたしは

古閑そらさんがご紹介されていた

プチ断食を

時々やってます 

 

そらさんの

『アラフィフ3年間で10キロダイエットしたわたしの、痩せるまでの道のり』

シリーズはとても読みごたえがあります

 

その中で

12時間のプチ断食なら

わたしにもできそう!

と思ったのです

 

www.kogasora.com

 

プチ断食といっても

わたしは糖質制限はしておらず

単に12時間 

水・ブラックコーヒーだけしか飲まずに

食べない時間を設けるだけなのです

 

それでも

どうしてもここ5年以上はへらなかった

問題の1キロが

時々減ってくれるようになりました

戻ったりするので時々(笑)

 

f:id:usahouse:20200221030851j:plain

たかが1キロされど1キロ

ここ5年はまったく

減らなかった1キロなので

嬉しいです

 

その1キロが違うと

大食漢の胃下垂下腹部の

でっぱりが違うのですよ

 

1000kcal食べちゃったから

またその分開けないとな~(笑)

 

かつて1か月に10キロ太った経験と

それを戻すのに非常に年月を費やし

苦労したことから

 

ちょっと増えたら

ちょっとのうちに戻す!

これが大事だと思っています 

 

1か月に10キロ太ったときは

19歳でした

また体重が最も増えたのは

20代の半ば・・・

その時でさえ 戻すのには

大変時間がかかりました

 

アラフィフの現在

もし10キロ増えたらもはや

ダイエットする気力もないと思います(^^;)

 

 

ところで

少し体重が増えたら

少ないうちに戻そうとする

一番の理由は

 

服をすべて買い替える

羽目になるのが嫌だからです

 

お金がかかる!

ぴったりくるブランド、素材を

1からさがすのかと思うとしんどいです

 

二番目の理由は

体重が一番重かった時に

ルームメイトの目の前で

デニムのウエストボタンが

はじけ飛び

ジッパーも半分しか

上がっていなかったのを

見られてしまったという

屈辱的な記憶のせいです(恥)

 

デニムのウエストボタンって

相当しっかり縫い付けられているのに

あれが 腹の圧力に屈して

ブチンと飛んで行ってしまったなんて

まるでマンガのようではありませんか!

 

一張羅のデニムがダメになってしまった

恥ずかしくも悲しい記憶です

 

それに近いことが

また起こらないとも限りません

それも万が一外出先で起こってしまったら?

想像すると恐ろしいです

 

あの悪夢が再現されないように

少し増えたらすぐ戻すことを

頑張ります

 

というわけで

本日の誓いでした

 

 

 f:id:usahouse:20200221025659j:plain

愛うさぎ・むっちゃん♡

 

f:id:usahouse:20200221025736j:plain 

同じような画像だけれど

おむんじゅう姿は

レアなのです

だからいっぱい

撮っちゃう

 

f:id:usahouse:20200221025826j:plain

まゆげ太っ 

 

f:id:usahouse:20200221025849j:plain

病院の日だって

ギリギリまで

バレないようにしなきゃ

(でもいつもバレる) 

  

読んでくださってありがとうございました
応援クリックしていただけると嬉しいです

にほんブログ村 病気ブログ 病気 闘病記(現在進行形)へ

f:id:usahouse:20171125191846j:plainあたち病院・・Σ(゚д゚lll)ガーン 

  

ミニマリストになりたい

持たない暮らし

少ないモノで暮らす 

コンパクトライフ

シニア・中高年日記

こんな生き方があってもいいよね♪

ミニマリストの持ち物