もふもふな毎日

難病の友人と愛うさぎのために生きる、病気&障がい持ち独身アラフィフの日々

場面緘黙症&発達障害【アラフィフ】

 f:id:usahouse:20190822005349j:plain

幼少期のわたしには

場面緘黙

あったそうです 

 

幼稚園で

先生やクラスメートが

話しかけても

黙って動かなかったそうです 

 

h-navi.jp

  

 

成長してからは

どうしても

声が出ないという

場面がありました 


中学生の時は

音楽の時間の歌のテスト

 

先生のピアノ伴奏に合わせて

皆の前で一人ずつ歌うのですが

声を出そうとしても

まったく出ませんでした 


先生には

「声を出しなさい」と

怒られました

歌わないと

0点になってしまうので

なんとか声を出そうとしたのですが

どうしても出ませんでした 

 

 

大人になってからも

複数の人の前では

いつ声を出したらいいのかわからず

おろおろしているうちに

会話が進んでいき 

結果として

ずっと黙っていたり

返事を求められるまで黙っている

ということが普通でした

 

へたに発言すると

色々ずれてるらしく

皆が黙ってしまったり

困惑したりするのです

発達障害あるあるですね(^^;)

 

今もたぶん

難しいです

 

 

今は子ども時代から

発達障がいを

認知してもらえるケースも

少なくないのかな・・・と

当事者の一人としては

羨ましくも思います

 

もちろん別の苦労も

沢山あるでしょうし

どちらが楽かはわかりませんが

当事者としての主観です 

 

昔は

「変わっている」「頭がおかしい」「努力が足りない」

で一蹴されたため

 

頭がどうおかしいのか

どう努力したらいいのか

わからないまま

ひたすらあがいてました

 

長年

なぜ努力しても

他の人のように会話に入れないんだろう

友達ができないんだろう

いじめられるんだろう

みんな笑ったり陰口を言うだけで

誰もその理由を教えてくれないんだろう

と思ってきました 

 

そんなわたしは

症状に名前がついただけでも

「認知してもらえた」

という安堵感が得られました 

 

名前がついているということは

他にも同じ人がいた/いるからでしょう

一人じゃなかったんだと

思えました

 

それまでは

ネットもなかったですし

自分は独りぼっちで

同じような人はいないのだ

と思ってきたので

 

場面緘黙という言葉も

診断書を書いてもらった時に

初めて知りました 

 

同じような

大人の人も

世の中には

もしかしたら

少なからずいるのかも

しれません 

 

そういう人たちと

話してみたいなと

思う一方

お互い緘黙症だったら

どうなるんだろう

とも思いました(^^;)

 

読んでくださってありがとうございました
応援クリックしていただけると嬉しいです
 
 
 f:id:usahouse:20171125191846j:plainあたち元気でぷ 

参考になるブログはこちらからどうぞ

にほんブログ村テーマ ミニマリストになりたいへ
ミニマリストになりたい

持たない暮らし

少ないモノで暮らす 

コンパクトライフ

断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

断捨離でゆとり生活

シニア・中高年日記

こんな生き方があってもいいよね♪

ミニマリストの持ち物