もふもふな毎日

難病の友人と愛うさぎのために生きる、病気&障がい持ち独身アラフィフの日々

真夏の服、リネンワンピース化【アラフィフミニマリスト】【2018夏】

 f:id:usahouse:20190830022612j:plain

 

年々気候は厳しくなり

体は衰えつつあります

 

あまりの暑さに

おしゃれかどうかなど

どうでもよくなります

おしゃれよりも生存が先

 

好みや似合っているかどうかよりも

機能性優先です

(でもおしゃれは好き)

 

手持ち服をワンピース化する理由

・服の総数が減る→スッキリする

(トップス1着+ボトム1着=合計2着が

ワンピース1着に減る)

・コーディネートを考えなくていい(楽)

 

マキシ丈・ロング丈のワンピースを選ぶ理由 

・足の露出に抵抗あり (アラフィフなので)

冷え性、日焼け対策になる

・脚の手入れが楽(露出度が低いため) 

 

 マキシ丈・ロング丈ワンピースのデメリットと対策

・ 階段で引きずったり裾を踏んで汚れる&事故の危険性あり

・時に裾を持ち上げる必要があり、片手がふさがる

 ・雨天時や強風時、めくれたり濡れやすく気がかり

 

対策は

パンツを少しだけもつ

です 

 

手持ち服総ワンピースが理想ですが

現実には上のような事態も発生しますので

パンツもあったほうがいいのが

今のわたしです

 

真夏の服の条件 (洗濯着で洗える&アイロンがけ不要前提) 

風を通しやすい(熱がこもりにくい) 

服の中を空気が移動すると

涼しいです

熱中症対策に大事

通気性のいい素材(麻)や

デザイン(ゆったりと空間がある)がいいです

 

乾きやすい 

汗をかいても乾きにくいと

体を冷やしてしまいます

私は麻を好みますが

速乾素材の服も売られています

 

肌にはりつきにくい 

ベタベタとはりつきやすいと

不快になります

肌離れのいい生地が快適です

生地に凹凸があるといいですね

 

露出度が低い(日焼けしづらい) 

紫外線で日焼けする以外にも

気温が高いと「肌が熱い・痛い」状態になります

あえて袖付きの服を着るのも1つの手です   

 

真夏のリネン服

リネンシャツ

f:id:usahouse:20180715081248j:plainf:id:usahouse:20180715081248j:plain

 パジャマ(上)の代用として

洗い替え用に2着

毎日着用

下はパジャマのパンツ穿きます

 

1、2サイズ上でゆったりしていて

濃色なので透けづらいです

常に袖は折り返しています 

 

宅急便の受け取りやゴミ捨ての時も

これでOK

 

ごみ捨ての時は

はおりとして着ます

 

 

 ノースリーブリネンワンピース/ブラックウォッチ

f:id:usahouse:20190731182938j:plain

 

部屋で活動時に着ます

冷え防止のマキシ丈です 

 

ごみ捨ての時には

先のリネンシャツをはおります 

脚の日焼け防止にもいいです

  

ノースリーブリネンワンピース/ストライプ

 ブラックウォッチワンピ洗濯中の時は

こちらを着ます

ロング丈です

 

むっちゃんと遊ぶときなど

マキシよりロングのほうがいい時にも

着ています

 

 部屋・ご近所までは

以上の

ワンピ2+シャツ1+パジャマパンツ2

で過ごしています

 

 

低気圧接近のせいか

偏頭痛がします

グーグータイムに突入です

 

みなさまも

無理をなさらずに

おすごしくださいませ(=`ェ´=)

読んでくださってありがとうございました
応援クリックしていただけると嬉しいです
 f:id:usahouse:20171125191846j:plainあたち元気♥

ミニマリストの参考になるブログはこちらからどうぞ

持たない暮らし

少ない服で着回す

少ないモノで暮らす

断捨離でゆとり生活

断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

ミニマリストになりたい