ひきこもりアラフィフミニマリストの実態

寝てる状態メインの、病気&障がい持ち独身ミニマリストの日々。うさぎのむっちゃんと暮らしてます。

嬉しかったこと【難病の友人】【通院】【2018冬】

f:id:usahouse:20181205221952j:plain
難病の友人の

治療の付き添いに

行きました  


難病の友人の治療は

大学病院の

腫瘍センター」で行われます

他の患者さんたちは

圧倒的にご高齢の方が多いです 

f:id:usahouse:20181205224455j:plain

数時間の治療が終わるころ

看護師さんが

友人に

「いつもお二人でいらっしゃいますね」

と友人に声をかけたそうです

(私には内容までは聞こえませんでした)

 

友人は

沢山の患者が出入りする中

なぜ自分のことを覚えているのか

不思議なので尋ねると

 

看護師さん曰く

 

長年つとめているが

治療中ずっと付き添っている方は

なかなかみない

部屋の入口まではくるけれど

ほとんどの付き添いは

治療がはじまると出て行ってしまう

(カフェなどにいっているようだ)

とても珍しく

仲がいいご夫婦だと思ったので

覚えていたと

 

友人は驚いていました

逆だと思っていたそうです

家族の治療(しかも腫瘍センターでの)には

付き添うのが普通だと思っていたのに

違っていたかららしいです

 

f:id:usahouse:20181205225549j:plain

わたしはそれよりも

夫婦じゃないけれど

夫婦だと思われた(指輪もしてないし)

友人だけど

仲がいい夫婦だと思われたことに

驚きととまどい

どう反応していいかわからず

笑顔でごまかして

お手洗いに立つと言って

その場を去りました(笑)

 

でも

嬉しかったです

 

夫婦だと思われたことがではなく

仲のいい夫婦だと思われたことが

です

 

友人と私は同い年なので

夫婦に見られてもおかしくありません

今は似たような服装もしています

友人の難病が判明して

有限の命=人生=時間は

重要な物事=難病の友人、むっちゃんに関すること

に使うときめて

取捨選択してきました

 

▼くわしく

usahouse.hateblo.jp

 

▼七夕の短冊

f:id:usahouse:20180709093213j:plain

そのことを

他人から認めて

もらえたような気がして

嬉しかったのです

 

ほんのりと

暖かい気持ちに

なりました

恋愛がわからない私には

好きという感情はわかりませんが

大事にしたいという思いはあります

それが原動力です

 

歳をとり

あちこちが壊れ

それでも生きていく

私のペースで

目的を達成するために

死が

訪れるまでは

生きていたいです

 


担当医が

若い男性に変わり

この日はじめて

お目にかかったのですが 

白衣が上下のピンクで

びっくりしました。 

 

▼こんな感じでした(男女兼用)

 
私が子どもの頃は 

ピンク=女の子の色 とされてかつ

女の子たちの間では

「ぶりっこ」の色 と敬遠されていました

ピンクを身に着けている男子は皆無!

可愛い顔の男性アイドルが

身に着けていることもありましたが

「あの人だから許される」

ような稀有な存在でした

 

時代の変化を感じました

 


帰宅後

むっちゃん無事で

よかったです♡

 

午前4時起きで眠いです・・・

体じゅうすでに筋肉痛です

明日はたぶん

まるっと寝てるかと思います

夏日から真冬日の気候へ

みなさま寒暖差疲労

ご注意くださいね

 

それでは

おやすみなさい

 

読んでくださってありがとうございました
応援クリックしていただけると嬉しいです
 
 f:id:usahouse:20171125191846j:plain節約すればいいじゃないでぷか

ミニマリストの参考になるブログはこちらからどうぞ

持たない暮らし

少ない服で着回す

少ないモノで暮らす

断捨離でゆとり生活

断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

ミニマリストになりたい