ひきこもりアラフィフミニマリストの実態

寝てる状態メインの、病気&障がい持ち独身ミニマリストの日々。

友人こと恩人と。人生は有限、時は金以上【命】

 f:id:usahouse:20180909075420j:plain

夜 ピンポーン♪

呼び鈴が鳴りました

 

来客の予定がなかったので

スルーしていたら

スマホが鳴りました 

 

大阪の友人が来てくれたのでした

 

 私

寝起き顔・頭で

リネンシャツ+パジャマズボン姿で

ヒドイ姿&部屋でしたが

あがっていただだきました 

 

 友人が

家にきてくれたタイミングが

この時でよかったと思いました

 

朝昼だったら

具合悪くて起きられなかったし

(また偏頭痛で投薬中)

電話もスルーしてたと思います

(同じ状況で会えなかった過去もあります)

 

いつも突然

風のようにやってきて

風のように帰っていく人

なのです

 

昔はビックリしましたが

長い付き合いなので

慣れています

 

この時も

大荷物を持ったまま

玄関で立ち話だけして

帰ろうとするので

少しだけでもと

上がってもらいました

 

夜、重い荷物を持ったまま

40分も歩いてきたっていうんですよ

足も悪いのに!

昔の私みたいです

沢山汗をかいたというので

熱中症も心配だし

 

まずはトマトジュース

飲んでもらいました(笑)

 

玄関に

トマトジュースが大量にあるのをみて

驚いていました

 

お互いに

カフェオレが大好きなので

大抵

再会した時は

カフェオレで乾杯するのですが

 

偏頭痛で薬を飲んでいるので

私はリポビタンDです

f:id:usahouse:20180909044447j:plain

まず飲んでもらって

ほぼカップが空になった時に

写メさせてもらいました

 

彼女は大変な状況を

語ってくれました

 

先日の台風で

自宅は少し雨漏りした程度だったものの

近所の家が屋根が飛んだりして

夫婦ともども

走り回っていたところ

 

母親危篤の知らせがきて

駆け付けたとのこと

 

彼女のお姉さんも

複数の病気を患っており

医師から入院を勧められていたものの

母親危篤の知らせが来たため

入院を断ったとのこと

 

母親はなんとか持ち直したので

姉の家に戻る前に

近くに私が住んでいることを思い出し

たずねてみたとのことでした

 

私にできることは

ほとんどないけれど

トマトジュース5本くらい

カロリーメイトいくつかを

もっていってもらいました

余り多いと荷物になっちゃうので

このくらいで    

 

子どものころ祖母が

帰る時に

おにぎりとかおやつを

持たせてくれた思い出と

重なりました

 

お子さんやお孫さんがいる方なら

普通なのかもしれませんが

私、してもらうばかりで

人になにかしてあげるってことが

ほとんどないのです

申し訳ないくらいです

 

だから

やってることが

完全に

おばちゃんだなと

思いつつ

嬉しかったです

 

たったこれだけのことなのに

こちらが驚くほど

喜んでくれました

  

 彼女が

独身だった頃 

悩みをよく聞いてもらいました

 

彼女が

結婚してからは

家に居候させてもらったことも

ありました

  

高熱を出して

看病してもらったことまで

ありました

 

東日本大震災の後には

家に避難させてもらいました

 

温かく良い疑似家族

体験させてもらいました

笑っておしゃべりしながらの

夕食のおいしさ

楽しい時間は

忘れられません

 

つくづく

ここに書いたことだけでも

ものすごーーく

お世話になってきていると

実感します

 

そういえば

私にはじめて

コーヒーを教えてくれたのも

彼女でした!

 

私がまだ

19くらいだった頃

昔 近場にあった

茶店(コーヒー専門店)に

連れて行ってくれ

コーヒーをごちそうしてくれたのです

 

ミニマリストになってから

棚・ストーブ・バッグの

新しい持ち主にも

なってくれました

 

 友人と紹介してますが

恩人なのです

お姉さん

みたいな感覚でもあります

 

ところで

 

 二人で話していたら

それまでじーーーっと

こちらを観察していた

むっちゃんが

ケージから飛び出してきました

 

タタッ

 

にゅっ・・・・・・

f:id:usahouse:20180806141003j:plain

(違うときの写真ですがこんな感じです)

 

人見知りするむっちゃんなのに

自分がガン見されていないから

大丈夫だと思ったのか??

 

友人にむっちゃんの好物

乾燥パパイヤをわたすと

むっちゃん、すぐに

へっぴり腰で食いつきました♡

 

なでなでも

させてくれましたよ♡

 

前より可愛くなった気がする!

友人

  

 違う時の写真ですが

カリコリを食べるむっちゃん♡

 f:id:usahouse:20180909044409j:plain

 

ポクポクポクポク♡

f:id:usahouse:20180909044427j:plain 

友人はむっちゃんをなでて

一息ついて

あー 癒された

といって

帰っていきました

 

私にできたことって

あまりないけれど

よかったです

 

その前に

私を思い出してくれて

うちに寄ってくれてありがとう

話してくれてありがとう

と思いました

 

昔は何も考えず

頼っていたけれど

 

ここ数年やっぱり

これでも

彼女をいたわらなきゃな

という思いがあります

(これでも、ですが)

 

とにかく

大事に気を付けてね

ありがとう

といって

見送りました

 

むっちゃんは

最後には

足ダンまでしてました(余裕)

 

お互いに年をとり

やがてはみんな

死んでいくのです

だって 生き物だから

 

だから!

生きている時間を

会えた時を大事にしよう

感謝しよう

 

歳をとるにつれ

ますますそう

思えました

 

若い時って

体力がなかった私でさえ

目に見えての

老化がわからないし

近所などの

周囲の人達と比べても

「若い」部類だったので

人生のゴールは見えませんでした

見えるのは今の自分の周囲だけでした

 

 だんだんと

自分もそして

自分の周りも

すべてが年をとっていってる

実感がわいてきて

 

みんな

いずれは消えるのだな

大事にしなきゃ

と思えるようになってきたのです

こんな私でも!!

 

これが

老い」「おばさん化」なら

素敵な側面だと思います

 

今を大事に

 一日一日を大切に

生きようと思います

 

時は金なりといいますが

時間はお金では買えません

時はお金以上の価値があり

かけがえのないものだと

思います

 

読んでくださってありがとうございました
応援クリックしていただけると嬉しいです
 
 f:id:usahouse:20171125191846j:plainでも毎日寝てるんでぷけどね♥

ミニマリストの参考になるブログはこちらからどうぞ

持たない暮らし

少ない服で着回す

少ないモノで暮らす

断捨離でゆとり生活

断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

ミニマリストになりたい