ひきこもりアラフィフミニマリストの実態

寝てる状態メインの、病気&障がい持ち独身ミニマリストの日々。

『女だけど男として育てた』【虐待】【毒親】【機能不全家族】

 ※心の状態が良くない方

(性的)虐待・性犯罪の被害者もしくは関係者の方は

読まない方がいいかもしれません

お読みになった結果、心身に影響がでても

責任はとれません

ご注意ください

f:id:usahouse:20180822085152j:plain

前回触れた

私は生物的には女だけど

男として育てられた 

ことについてです

  

自分の性を意識すること自体

禁止でした

  

大きかったことの1つは

家ではスカート禁止

だったこと

 

子どものころ

スカートを穿くと

父親に

男の気をひくために穿くものだ

と言われ

恥ずかしくなり

罪悪感を持ちました

それからはやめました 

 

入浴時に着替える時

お手洗いが風呂場の前にあるので

家族がトイレに入ろうとして

しきりのカーテンをめくって

着替え中に入ってくることがありました

 

大抵

恥ずかしがったり

体を隠したり

「一言断ってから開けて」

というものじゃないかと

私は思ってるのですが

どうでしょうか

 

恥ずかしがったり

隠すことのほうが

「自分が女だと意識しているので恥ずかしい」

認識していました

 

結果

父親は何も言わずに

カーテンを開け

着替え中の私は

胸も下も隠さず

堂々としたそぶり

ということが

10代20代を通して

日常化していました

 

さらに

父親の下ネタにも

恥ずかしがること皆無で

普通に返事してました

 

男女間のアレについて

男性側からの意見

とだけ書いておきます

 

異性の親子では

ありえないような

会話です

詳細を書くのは

ひかえます(-_-;)

 

今おもえば

異常でしたね

 

吐き気がしてきたので

このへんでやめます

 

うちは性的虐待はなかったと

長年思ってきましたが

これって広義の

性的虐待なのかな

 

矛盾するようですが

恋愛や性的なことは

存在しないこととして

スルーされて

話題にもあがりませんでした

 

世間一般には

恋愛や性的なことが存在するけれど

うちには存在しない

外部のこととして

取り扱われました

 

異性を(同性も)

好きになったことすらなかったので

恋愛を話題にしたことはありません

 

その手のドラマとかも

見てないので

(ニュースと語学番組以外の

テレビ番組自体禁止でした)

親からきかれたことも

親の体験話も

聞いたことがありませんでした

 

ネットをはじめてから

アラサーアラフォー独身女性の体験談に

両親や親戚などから

結婚についてきかれる、せかされる

お見合いをすすめられるなどの話を読んで

仰天しました

 

私、一度もないんだけど

  

ここまでかいて

思い出したのですが

物心ついたころから

両親が不仲で

怒号と暴力三昧の家だったので

小学生のころから

自分は結婚しないと

公言してました(笑)

 

 先に

テレビをみることを禁じられていた

と書きましたが

 

逆に

父親が決めた番組は

見ることを強制されてました

私に予定があっても関係なしです

いつもいやいや見ていたのですが

 

洋画で語学学習させる目的で

レンタルビデオ

父親はよく洋画を借りてきて

見せました

 

そのなかでも

とくに嫌だったのが

レイプの映画でした

洋画で字幕付きでした

 

そういう知識が

まるでなかった私にも

悪いことをしているということは

わかりましたので

あまり見ないようにしていたのですが

父親は

「男はこういうものだからな、よく見ておけ!」

といったのです

 

男として育てたという父親でしたが

生物学的には女である私を

やっぱり女だとわかっていたのですね(当然か)

  

余談ですが

『ベルばら』のオスカルについて

最初の方は

自分と似たようなところがあると

オスカルに親近感を持ちましたが

彼女はちゃーんと女性だと思いました

 

男装してただけで

ちゃんと自分は女だと認めてたし

男性を好きになった自分も

受け入れてたので

私とはぜんぜん違います 

 

ボーイッシュで男勝りな

普通の女性という感じ

羨ましいなーと思いました

 

まあ、マンガですもんね

事実は小説より奇なり

ということでしょうか

 

 

f:id:usahouse:20180822085527j:plain

ファッションの話に戻りますが

スカートに挑戦したのは

30直前

 

はじめてブティックなる店で

試着した時も

店員さんにすすめたられたからという

理由があったのでためしました

 

スカートを穿いたときも

最初は

自分が変質者になった気分

気持ち悪さを感じました

長年パンツ(ズボンのことですよ)だけ

穿いてきて

冷や汗だらだらでしたよ

鏡をみるのが

恥ずかしくて怖かったです  

 

父親に

男の気をひくために穿くものだ

と言われたスカートですが

 

もし今同じことを言われたら

女だから男の気をひこうとするのは

自然でしょ

とかえせるかもしれない

 

かも・・・というのは

やっぱり

恐怖って

長年経っても体に

染みついているので

 

いざ対峙すると

怖くなってしまうと

わかってるからです(悲)

フラッシュバックという

やつです

 

色々あり

いまだに精神科

通院しています

 

私が親と絶縁して

自ら天涯孤独になった理由の一端の

お話でした

  

女の一人暮らしで

椅子のない床座りで

生活しているので

注意してくれる人もおらず

ますます

かさつになっていると

思われます

 

お里が知れるとか

育ちが出るっていいますが

こういうことなんですね~

繕っても本性が

でてしまうと

 

今大事なのは

女らしさじゃないので

OKです

読んでくださってありがとうございました
応援クリックしていただけると嬉しいです
 
 f:id:usahouse:20171125191846j:plainあたちのことかわいいってママが・・・♥