ひきこもりアラフィフミニマリストの実態

寝てる状態メインの、病気&障がい持ち独身ミニマリストの日々。うさぎのむっちゃんと暮らしてます。

室温35-40℃(エアコンなし)生活

 

今回は 

30代の頃

話です 

生活できた3大理由(今は無理)   

1・職場がより高温多湿で慣れていた   

f:id:usahouse:20180720074524j:plain

 当時の職場は

常時 室温40℃以上・湿度80%以上、が保たれていました

(アナログ温湿度計が設置されていました)

 

業務中の服装は

ポリエステル素材の

長袖・長ズボン・手袋・帽子・マスク着用

 

立っているだけで体中から

汗がダラダラと川のように流れ落ちていきます

まるで立ったまま

ひっきりなしにおもらしをしているような

気持ち悪さでしたが

慣れていきました

顔にも体にも汗疹ができました 

 

暑さに強いのが自慢でしたが(当時)

最初はきつかったです

熱帯にいると思えば普通」と

考えることにしました

 

仕事が終わって外に出ると

気温が35℃くらいあるのですが

薄着でいられて

風が吹いていることが嬉しく

「あ~、涼しい!」

と言ってました

 

摂氏40度湿度80%にも

ある程度は体もなれるんだな

と思いました

 

まだ30代で

体力があったから

かもしれません 

 

2・急激ではなく徐々に気温が上昇した    

f:id:usahouse:20180128054644j:plain

近年のように

外気温が前日よりも

10℃くらいも高くなる 

わけではなかったので

温度差が少なくなんとか

体も順応できたのではないかと思います

 

 室温40℃になったのは8月

7月に引き続いての暑さでした

 

年単位で振り返っても

「今年は31℃まで上がった!はじめてだ!」

と驚いた年もありました

 

年々

最高気温は32℃、33℃と

上がっていきました

 

少しずつの上昇だったので危機感はなく

むしろ「どこまで上がるんだろう?」と

興味津々でした

(今は危機感あります)

 

3・エアコン・クーラーなし生活で暑さに耐性があった   

f:id:usahouse:20180407133145j:plain
 我が家にはずっと

エアコンがありませんでした

そもそも

子ども時代はエアコンがある家が珍しかったです 

 

学校にもずっと

エアコン・扇風機はありませんでした

夏はみんな

下敷きでパタパタあおいでいました

 

30代になると

家にエアコンがないと人にいうと

驚かれることが多くなりました

 

『1960年代はゼロに等しかった普及率も、

 1970年代から急上昇し、

 1990年代半ばには8割を超える』

引用元:全体では9割強…エアコン普及の実情をさぐる(不破雷蔵) - 個人 - Yahoo!ニュース

 

もっていなければいないでなんとかなる

それが当たり前の生活だから

買わなくてもいい主義だった私

 

自宅で

40℃の室温の中

(家の中のアナログ温度計での数値

当時の気温は40℃未満だったそうです) 

デスクトップの古いパソコンを起動すると

さらに暑くなり

扇風機の風を「強」にして

汗だくで操作してました

  

f:id:usahouse:20180720022013j:plain

PCもよく壊れなかったなーと思いますが

暑くて本体から発火するんじゃないかと

内心ビクビクしてました

 

服装は

ノーブラ・ノースリーブ綿キャミまたはタンクトップ+

綿素材膝丈のハーフパンツ

 (まだ麻素材を着たことがありませんでした)

  

今なら

そこまで我慢することないのに

と思うのですが

 

それが当たり前の生活の本人にとっては

危機感がなかったです

 

「ちょっと我慢すればいいでしょ」

程度の気持ちでした

 

「ケチってないでエアコンつけようよ」とか

 当時の私に言いたいことは色々あります

 

 エアコン設置していても

付けないご年配の方々

いらっしゃいますよね

 

私の父親もその一人でした

 

エアコン設置したものの

年に一度つけたかどうかで

数年後、故障→放置→処分

使用感なくキレイなまま

廃棄となったエアコン(虚)

 

父親がエアコンをつけなかった理由は

電気代がかかるから

でした

 

生まれてから

一度もエアコン・クーラーなし生活だった

と書きましたが

厳密には一時期設置されていたけれども

使われなかったというわけです

 

もしかして

エアコンを稼働させない方には

同じような方も

おられるのではないでしょうか

 

物事の優先順位はどうですか

ケチって命を落とさないようにしたいですね

 

私は 

クーラー(エアコン)なしで生きてきたんだぞ(ドヤ顔)」的な

妙なプライド(?)を持つようになっていました

 

単にエアコンを買えなかっただけですが

我慢は美徳」と思っていたわけで

エアコンなしでがんばる私、エライ

と誇っていた部分もありました 

 

同じような方 

いらっしゃいませんか

 

近年の暑さは我慢大会のレベルではなく

勝ったところでかっこよくないです

すごいと感心されるのではなく

哀れにみられるとしたら

どうでしょうか 

我慢大会

やめませんか

 

その後

私はエアコン設置の機会に恵まれ

現在の住まいには元々設置されており

今やエアコンが生命維持装置と化しつつある

近年の夏です 

  

(ちなみに家庭普及率9割強の電子レンジ

 家にあったことがありませんが

 必要性を感じないので今後も買う予定なしです

 これは我慢じゃないですよ)

 

ヒトの体は徐々に慣らしていけば

暑さにある程度は順応できますが

個人差があります

無理は危険です

 

私も今はもう無理です

まず体力がありません

 

無茶せず過ごしましょう

 

 室温気温別シリーズの記事 

気温3-7℃の服装(寒がりアラフィフ女性の場合)

室温15-17℃の服装(寒がりミニマリスト女性の場合)

室温17-19℃の服装

室温20-22℃の服装

  

読んでくださってありがとうございました
応援クリックしていただけると嬉しいです
 f:id:usahouse:20171125191846j:plain今はあたち優先でぷよ

ミニマリストの参考になるブログはこちらからどうぞ

持たない暮らし

少ない服で着回す

少ないモノで暮らす

断捨離でゆとり生活

断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

ミニマリストになりたい