ひきこもりアラフィフミニマリストの実態

寝てる状態メインの、病気&障がい持ち独身ミニマリストの日々。うさぎのむっちゃんと暮らしてます。

本と断捨離 手持ち本は43冊【2018夏】【ミニマリストの持ち物】

 

かつて

私の部屋は書庫のようでした。

天井まで届く高さの本棚に

ぎゅう詰めの本、本、本。

その光景を見ると

自分が賢い気がして

偽物の自信が湧いたものでした

 

引っ越し

ミニマリスト目指して断捨離。 

  

コミックは35冊 

マンガ大好きです。 

 

減らしに減らして

現在35冊

 

続刊中なのでさらに増えます。  

 

セリフを暗記するくらい熟読しているので

飽きるまでは増えこそすれ

減りはしないでしょう。

 

「もういいや」と思ったら

これまでの本の断捨離と同様に

パッと手放すと思います。

  

活字本は8冊  

f:id:usahouse:20180521023437j:plain

  

電子書籍にしない理由

私は皮膚が弱いので、

ガラケースマホをいじっている時間が長いと

機器に触れている部分に水膨れ(火傷)ができます。

なので、できるだけスマホをいじりたくありません。

また、液晶画面を見ていると、非常に眼が疲れます。

さらに、読書中に、

あるページから別のあるシーンに

急に飛ばして読みたくなったり

あるシーンとあるシーンの絵や表現を

交互に見て比較することがあります。

紙の本だと、指をページの間に挟んで

複数ページを交互に見れますが

液晶画面だとめんどくさそう・・・。

 

以上の理由で、

私は今のところ、

手持ち本を電子書籍で読む予定は

ありません。

  

最後に

「同じ本は2度読むことはない」と

ある方がおっしゃっていましたが

私のように、同じ本を

繰り返し読み込むことが好きな人は、

断捨離も勢いでしないほうがいいかもしれません

 

本の読み方選び方は

十人十色です。

私の場合を一例として

ご紹介しました。  

読んでくださってありがとうございました
クリックしていただけると嬉しいです
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

ミニマリストの参考になるブログはこちらからどうぞ

持たない暮らし

少ないモノで暮らす

断捨離でゆとり生活

断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

ミニマリストになりたい

ミニマリストの持ち物