ひきこもりアラフィフミニマリストの実態

寝てる状態メインの、病気&障がい持ち独身ミニマリストの日々。

帽子は1つだけ【ミニマリストの持ち物】

 

 

私の頭には、こぶが3つあります。

頭頂部に1つ、後頭部に2つ。  

 

カチューシャをしたり、帽子をかぶると、

頭頂部のこぶで浮いてくるのです。 

カチューシャは早々にあきらめましたが、

帽子は実用性があるので、あきらめられず、

買っては手放してきました。

f:id:usahouse:20180407133145j:plain   

そんな私が

数年前から愛用している

ラフィアハット。

 

f:id:usahouse:20180407133237j:plain 

 

レビューに、

「この帽子は、かぶって自転車にのっても、飛んでいきません」

とあったので、

私の頭でもかぶれるかもしれない!

と思いました。

 

クラウン(かぶる部分)とつばの境にある

リボン紐のしめつけ具合を調整できるので、

ここをギュッとしめることで、

帽子が頭から浮いてきて、

外れやすくなる事態を回避できました。  

 

当時、顔の上を

地図のように侵略しつつある、

シミが気がかりだったのです。

 

子ども時代は、

日焼けが奨励されていました。

日焼け対策を全くしませんでした。

 

日焼け止めクリームを塗り始めたのは、20代以降。

すでに、人生であびる紫外線の総量のうち、

大部分を浴びてしまってからです。

 

私は、サングラス以外の、

顔への日光を遮断するモノが欲しかった。

目に見えて進行している老化現象が

私がかぶれる帽子を探し出す原動力になりました。

 

表面に、

UVカットスプレーを噴霧して

かぶっています。  

 

ラフィア素材なので

子ども時代の

麦わら帽子のような

蒸れ感はありません

快適です。

 

 おでこがあたる部分には、

 ファンデーション付着防止シールを貼り、

時々貼り換えています。

 

コレを使ってます。

 今年もたくさん

活躍してくれそうな

唯一の帽子です。

f:id:usahouse:20180407135418j:plain

かぶれる帽子が長年見つからなかったので

かぶれることがとても嬉しいです。

帽子をかぶれるって素敵です。  

読んでくださってありがとうございました
クリックしていただけると嬉しいです

ミニマリストの参考になるブログはこちらからどうぞ

持たない暮らし

少ない服で着回す

少ないモノで暮らす

断捨離でゆとり生活

断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

ミニマリストになりたい

ミニマリストの持ち物