ひきこもりアラフィフミニマリストの実態

寝てる状態メインの、病気&障がい持ち独身ミニマリストの日々。

【私服の制服化】3月 肌寒い日【ミニマリストの服】【2018春】

 

昼と夜の気温差が激しいです。

 

3月の定番スタイル、肌寒い日版  

アーミッシュ風ワンピースで寒い時は、

ウールパンツを穿くのが

3月の肌寒い日の制服です。

 

中古で入手したウールパンツ(Snow Peak

f:id:usahouse:20180313232049j:plain

真冬に愛用したウールワンピースと同じ生地です。

面積が小さいので3月にも取り入れやすいです。 

  

 トップスはウール

f:id:usahouse:20180121023454j:plainまたはf:id:usahouse:20180126024313j:plain

部屋着として愛用中のものですが

外出にも◎。

 

アンダーウェアは、

スーパーメリノウール ハイネックシャツ(モンベル)。

f:id:usahouse:20171118003359j:plain

毎日、パジャマの下に着用している定番です。

上に着るトップスの首がつまっているので

首回り汚れ防止と防寒にこれを着ます。

 

ウールの重ね着、さらに上下ともウールなので

とても暖かいです。

 

タイツは無印の直角タイツ です。

 

定番の一張羅コート

f:id:usahouse:20171018173231j:plain

 

f:id:usahouse:20170907111837j:plain

グレーのショートブーツ 

 

バッグ

f:id:usahouse:20180221201004j:plainまたはf:id:usahouse:20170921034944j:plain

 

スタイル良く見えるよりも防寒性重視 

メンズの大きめニットに、

ラップパンツを合わせた私の姿は、

短足に見えます(笑)

以前の私なら、

上半身が長くみえて、短足に見えるコーデなんて、

ありえませんでした。

 

足が短く見えるコーデですが、

暖かいので気に入っています。

防寒優先!! 

脚が長く見えるコーディネートしかしない時代は、

終わりました(笑)

 

もちろんオシャレは好きです。

だから、このスタイルは、あくまでも肌寒い日用なのです。

そして・・・厚手のタイツを穿いた足首を出して、

ヒール付きのショートブーツを履いているし、

悪くないんじゃないかと思ってます。

 

 

モノトーンコーデとシルバーグレー 

ミニマリストを目指し始めたころ、

モノトーンのコーディネートは味気なくてつまらないのでは?

と、思っていました。

かつての私は、カラフル大好き、全身ピンク大好きでしたから。

 

でも、服が少数精鋭になってくると、

モノトーンは季節を問わないので、とても便利で使えるのだと

実感しています。

 

濃淡の違うグレーを合わせたり、

シルバーの光沢を取り入れることが好きです。

 

色やアイテムの制約の中で楽しむのも、いいものですね。 

 
読んでくださってありがとうございました
クリックしていただけると嬉しいです

ミニマリストの参考になるブログはこちらからどうぞ

持たない暮らし

少ない服で着回す

少ないモノで暮らす

断捨離でゆとり生活

断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

ミニマリストになりたい

ミニマリストの持ち物