ひきこもりアラフィフミニマリストの暮らし

指定難病の友人と愛うさぎのために生きる、病気&障がい持ち独身女性。寝てる生活メイン。

服の選び方【アラフィフ女性ミニマリスト】【基準】

f:id:usahouse:20180812171453j:plain

実用性>おしゃれです。(でもおしゃれ、好きです)

人生の最優先事項のための服 

わたしの人生の最優先事項は

難病の友人と愛うさぎのむっちゃんとの時間です

わたしの服は

そのための服です 

 気も時間も使わなくていい 

行動をさまたげない機能的な服 

 

服の条件

あらゆる点でできるだけ楽であること(自分の意識を服に向けなくていい状態が理想)

 

・軽い

・着心地が良い

・天然素材優先

・カットソー生地を選び、ニットは避ける

(ニットは伸びたりひっかけたりしやすく

 干す時も手間がかかるため)

・部屋着にも外出着にもなる

・寝巻にもなればなおよし

 

・着脱が楽で動きやすい⇒

パーツ(ボタン、紐、チャック、ジッパーなど)が少ない、

着た時の体の可動範囲が広い

 

・取り扱いが楽⇒

自宅で洗え、アイロンがけ不要、

デリケートな装飾や生地ではなく、

シンプル

 

・流行・季節・重ね着・コーディネートなどに悩まなくてすむほどよい⇒

モノトーン、無地がよい

 

自分のメインカラー・サブカラーのもの(例外あり) 

 

・現実に出番がある(最重要)

流行っている、誰かが着ていて素敵だった、

これをきたらもっとよく見えるかも・・・という服は、

私の場合、ほぼ失敗に終わります。

自分の現実ではなく、他人や幻想を基準にしているからです。 

残っているのは、自分の現実にしっくりくる服たちです。  

 

とくに避けたい要素(少なければ少ないほどよし)

着ることで自意識過剰になる

TPOを無視する可能性が高い

(トレンド性が強い、露出度が高い、目立ちやすいなど)

体の動作を妨げる

(繊細な生地、凝ったデザイン、動きづらい形など)

 

 楽で実際に着る服を、最小限もつことが理想 

とことん楽をしたいので、

「取り扱いが楽」「コーディネートが楽」な服を選んでいます。

 数が少なければより楽になります。

歳をとるのに伴い、より日常の雑事は少なくしたい。

さらなる楽を追求します。

 

枚数が少ないので、手持ち服を毎日一望できます。

日々チェックするのが、私の楽しみの一つです。 

 
読んでくださってありがとうございました
クリックしていただけると嬉しいです

ミニマリストの参考になるブログはこちらからどうぞ

持たない暮らし

少ない服で着回す

少ないモノで暮らす

断捨離でゆとり生活

断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

ミニマリストになりたい

ミニマリストの持ち物