ひきこもりアラフィフミニマリストの実態

寝てる状態メインの、病気&障がい持ち独身ミニマリストの日々。

アラフィフ・メイク道具は7つ【ミニマリストの持ち物】【2017秋】

 

厚化粧も若作りもしない

昔から歳をとることが

嫌いではありませんでした。

シミ白髪など、

ない方がいいとは思うし、

楽だとは思いますが、

基本的に歳をとるって面白いと思ってます。

抜いてはいけないといわれる白髪をぬいて、

「キラキラしてて、きれいだなぁ」

と眺めたりしています。

 

幸いにも(?)

若さや容姿によるいい思いを味わってこず、

むしろ中年になってから歯列矯正と少し脱毛をしたことで

シミシワたるみ白髪があってもなお

昔の容姿よりは土台がましになったと思ってます。 

  

アイメイクやめました 

アイシャドウ・マスカラ・アイライナーをやめました。

眉は書かないとおかしいのでアイブロウパウダーは必要です。

肌に色がないと病人丸出しなので、

チークとリップカラーも使います。

この3つは最低限必要だと感じています。

現在のメイクグッズです。

f:id:usahouse:20171130054824j:plain

画像左から、ベビーパウダー(服用と兼用)、ファンデーション、アイブロウパウダー、チークジェル、口紅、色付きリップクリーム、ミニビューラー。

 

ミニビューラーは20年以上使っています。

elleのものですが、

たぶんもう同じ物を手に入れることができないので、

大事に使ってます。

替えゴムは、資生堂のミニビューラー用を

カットして使っています。

不器用で奥二重の私には、

この簡単な形が使いやすく助かってます。

普通の、はさみのような形状のビューラーは、

指が痛くなるので、使いづらいです。

 

リップクリームはロート製薬の物。

色付きを使うようになりました。

これ一本あれば口紅はいらないかと思ったのですが、

色が足りませんでした。


口紅はオルビス

ルージュC・カシスノワール

数年前から使っています。

口紅の色にもトレンドがありますが、

私にはこの色がしっくりきます。

たまにオレンジ系やピンク系を

つけてみたくなりますが似合いません。

わざわざ似合わない色のものを付けることもないので、

この一本で落ち着いています。


チークはキャンメイクのものです。

パウダーチークの粉が苦手な私は、

このジェル状チークに助けられています。

リップにも使えます。


KATEのアイブロウパウダー。

白髪染めをするようになってから

使うようになりました。


ファンデーションは、

気になるところに部分使いしています。

面積が広いので、コンシーラー代わりです。

ノエビアの毛穴パテ職人BBクリーム

というものを使っています。

下地兼ファンデーションです。


肌のべたつき防止に、

ベビーパウダーを使います。

服の襟・袖口の黄ばみ防止用との兼用です。 

 

まつ毛はカットすることも。 視界が狭くなるためビューラーは使う

準備事項の断捨離で書いたように、

メイクはできるだけ簡素に早く済ませたいと思っています。

メイクで一番時間がかかるのが、

アイメイク(とくにマスカラ)でした。

まず、アイシャドウをやめました。

また、私は奥二重なので、

まつ毛をリフトアップしてもしても

まつ毛がまぶたに押されて下がってしまいます。

パンダ目になるのがストレスで、

なおす手間が嫌になり、

マスカラ自体やめました。

 

でも、ビューラーだけは使っています。

年々まぶたが下垂してきているので、

ビューラーでまつ毛を少しでもあげて

視界を広くしています。


ビューラーを使わないと、

下向きになった上まつ毛が

すだれのように視界を邪魔するので、

目の前が薄暗いです。

ビューラーでまつ毛をあげると、

明るくなるのでわかります。

 

ビューラーを使っていても、

近年、まつ毛が目に入るようになってきて、

まつ毛の位置や角度によっては、

ハサミでカットしています。

まつ毛をカットする人は

いままで聞いたことがありません。

でも、逆さまつ毛や

それに近い状態になってるまつ毛を

そのままにしていると、

生活に支障をきたします。

チクチクして痛いだけでなく、

眼の組織を痛める場合もあります。

眼頭や眼尻のまつ毛をカットすることが多いです。

 

夜はノーファンデ。ベビーパウダーで代用 

 ファンデーションのベタつきが苦手です。

でもパウダーファンデーションも苦手です。

私は、肌に何かついている状態が苦手です。

ネイルも苦手だし、

整髪料もできればつけたくありません。

夜間の外出時には、

ファンデーションの代わりに

ベビーパウダーを使うようになりました。

 サラサラしているのでべたつき対策にうってつけです。

しかも、ベビーパウダーは落とす必要がありませんので楽です。

眉メイクのみ落とせばOKなので簡単です。

f:id:usahouse:20171030193906j:plain

 

持ち物の数や種類は人の生き方次第 

ミニマリストだからといって、

メイクグッズも少ないほうがいい

というわけではありません。

私はメイクが好きではなく、

肌に何かがついている状態も好きではないのですが、

メイクが好きな方、必要な方も

いらっしゃるかと思います。

持ち物の数や種類は、

その人にとって何がどのくらい大切で

優先されているか次第、

各自の生き方次第だと思います。

誰か(たとえば憧れの人、先輩ミニマリスト、有名人)と

同じにするのではなく、

自分の生活や経済状態などに照らし合わせた

自分独自の軸で選びましょう。

自分の基準を持たずに断捨離したり

ミニマリストを目指していると、

何のための断捨離なのか、

なぜミニマル化しているのか、

わからなくなってしまうと思います。

 

読んでくださってありがとうございました
クリックしていただけると嬉しいです

ミニマリストの参考になるブログはこちらからどうぞ

持たない暮らし

少ない服で着回す

少ないモノで暮らす

断捨離でゆとり生活

断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

ミニマリストになりたい

ミニマリストの持ち物