ひきこもりアラフィフミニマリストの実態

寝てる状態メインの、病気&障がい持ち独身ミニマリストの日々。

ワードローブ大変革【ミニマリストの服】【2017秋】

 

生き方の変更に伴い、

ファッションを変えます。

  

買った物

・フード付コート 

f:id:usahouse:20171018173231j:plain

無印良品週間に試着した、フード付コート(無印良品です。

さんざん悩みました。

色、サイズ、デザイン、素材はOK。

ただ、前にボタンやジッパーがないので防寒対策としてはいまいち。

手持ちアウターのスタジャンでは腰が冷えるし、

真冬のコートを出すのには早い。

リサイクルショップや他店もチェックした末、

1000円値下げしたのを機に

購入に踏み切りました。

  

サイズがXS-SとM-Lの2展開のみ。

ジャストサイズはXS-Sでしたが、重ね着前提でM-Lをチョイス。

XS-Sだと、下に着るロングトレーナーの裾が出てしまうのです。

以前の私なら、「サイズが合ってないなんて言語道断」。

不健康そうな枯れ木体型&寒さ対策に、あえて「着太り」する

これが今の私の選択です。

 

・ロングトレーナー 

f:id:usahouse:20171018173642j:plain

マックレガーのものです。

厚手綿素材、腰の冷えカバーできる丈です。

色はライトグレー。洗濯可能。

外出着にも部屋着にも、必要ならパジャマにもできそうです。

セールで購入。元の販売価格は高いですが

無印との違いが私にはわかりません。

無印でもこういうの出してくれないかな・・・。

 

・スヌード  

f:id:usahouse:20171018184507j:plain

タートルネックの代わりに首を保温するために購入。

フランネルシャツの首元をこれで保護します。

チャコールグレーっぽい色の、もこもこ素材のスヌードです。

洗濯可能。ファンデーションや口紅等が付く可能性もあるので、

洗えるのは嬉しいです。

前の記事で紹介した、passportで購入。1000円位でした。

なかなかここまでリーズナブルでいい感じのスヌードはなく、

今回もpassport推しです。

 

・ウールシャツ 

 f:id:usahouse:20171018185740j:plain 

 モンベルの、高密度なウール90%のシャツです。

これも目的にぴったりな一着。

ウールマウンテンシャツという名称です。

色はヘザーグレー。洗濯可能。

 

アウトドアショップでシャツを買うのは20年ぶりでした。

アウトドアショップでウールシャツを買ったのは、

昔、父親のアウトドア用のウールシャツを借りたことがあり、

一見何の変哲もないシャツでしたが、

フェルトのようにぎゅっと圧縮された生地でとても暖かく、

驚いた記憶があったからです。

機能性優先にならアウトドアブランドは使えると思っていましたが、

過去のダサいファッションだった頃の自分が、

主に登山靴にアウトドアシャツというスタイルだったので、

長らく抵抗がありました。

 

モンベルを選んだ理由は、

レディースのサイズが合いそうなウールシャツがあり、

入手可能な価格だったこと。

チェック柄や派手な色が多い中、

無地単色使いで、私のメインカラーのライトグレーでした。

試着したところ、サイズや色が合い、

いかにもアウトドアという印象ではなく、主張せず、

街中や病院で着ても違和感がなさそうで、

昔の私の様でもなかったので(笑)、購入しました。

外でも家でも着ます。

 

・その他 

無印良品で直角タイツを購入。

www.muji.net

   

 

服を大事にすることは最終目的ではない  

服を大事にしてダメになってから処分・買い換えするのが

ミニマリストの本懐ですが、

寝ている時間が大部分の生活である私が、

服がダメになるまで着ていたら、

粗悪品でなければ数年はかかると思われます。

それを待っていたら、総入れ替えできる日が

いつになるかわかりません。

 

私にとって、服を大事にすることは

目標であって目的(最終目標)ではありません。

目的のためには目標を捨てることも必要だと考えます。

大事の前の小事です。時間は待ってくれません。 

 

最後は、カリコリ(ごはん)を食べる、愛うさぎ・むっちゃんで〆ます。 

f:id:usahouse:20171018192724j:plain

  

クリックしていただけると嬉しいです。