ミニマリストうさぎのブログ

楽をするためミニマリストになった障がい・病気持ちの独女。愛うさぎと難病の友人に残りの時間を使います。

夏秋過渡期の服装、迷わない

 

10月12日、最高気温30℃

 この日も、その前の日も、半袖を着てすごしました。一日中家にいたので、同じ服。体操着のようにしっかりとした、やや厚手の綿素材のTシャツです。

f:id:usahouse:20171007021028j:plain

 

エアコンで冷えるので、ボトムはいつものMUJIのトレーナー地の部屋着パンツ。

f:id:usahouse:20170926031012j:plain

セールで激安で買ったのですが、大活躍してくれてます。紐が生地と同じチャコールなのがいいです。今販売中のものは、紐の色が生成りっぽいし、外紐なので、元に戻してほしいな。紐と生地と同じ色で、内紐にしてもらえたら、嬉しいなあ。

 

冷えてきたら無印の綿パーカーを羽織ってました。

f:id:usahouse:20170926030840j:plain

むっちゃんにかじられて特に袖はボロボロですが、大活躍してくれてとっくに元は取れています。いつもより3サイズ上なので、分厚いニットを下にきてもきつくならないです!便利です。紐は邪魔なので、とりました。 

 

気温が下がってきた夜の外出時の服装

 夜、少し出かけました。気温が下がってくると聞いていたので
avirexの半袖Tシャツに、

f:id:usahouse:20171007020814j:plain

MUJIのフランネルシャツを羽織り、

f:id:usahouse:20171013081433j:plain

おなかを冷やさないようにウールタイトスカート+40デニールの黒タイツ+外出用バレエシューズというスタイル。バッグはシルバーのボストンでした。

f:id:usahouse:20170917231334j:plain f:id:usahouse:20170907111509j:plain f:id:usahouse:20170921034944j:plain

 

半袖も長袖も、いつでもスタンバイしています。気温がぐっと下がってくるようですが、以前のように迷ったり、取りだすのに苦労することなく、吊るしてある服をサッと着られることが嬉しいです。  

 

 

クリックしていただけると嬉しいです。