ミニマリストうさぎのブログ

楽をするためミニマリストになった障がい・病気持ちの独女。愛うさぎと難病の友人に残りの時間を使います。

ミニマリストのファッション転換期

 

ファッションの転換期にさしかかった私

 きっかけは、家にいる時間が外出じている時間よりも圧倒的に長いため、外出着よりも部屋着のほうがずっと大事なのではないかと思ったことです。これまで、部屋着を軽視しすぎてきたので、見直すことにしました。

 
これまでの私の服の選び方

 ・お金は外出着にかける(おしゃれに見られたい)

・部屋着は着られればなんでもいい。(綿麻素材で楽なサイズという基準があった程度)

・外出着と部屋着は基本的に別々。(外出着はメリハリのあるシルエットに見せたり張りのある素材だったり、着用時に多少の緊張感を伴う物。部屋着は楽なのが大事なので、ゆるゆるシルエット。そのため外出着と部屋着は兼用を考えなかった。)

 

今後のワードローブ

 ・部屋着は外出着を兼用できるもの(これまでと大きく変わった点です)
・部屋着は必要ならパジャマにできる素材やデザインがベター(→リネン・綿素材で、トップスは襟付き。鹿の子編み押し。)
・色はグレーメイン、次点は白。
・自宅での洗濯可能(ウールは洗えるもの)
・ノーアイロンがベスト(→リネン、鹿の子編み推し。)

 

外出着をできるだけ部屋着やパジャマにも使えるものにするのが今後の目標です。何が何でも兼用できないとダメというわけではありません。とくに冬物のウール素材やアウターはパジャマには使えないので除外します。杓子定規に考えずに、外出着と部屋着との垣根を低くして、外出着を部屋着よりに、部屋着をパジャマよりに近づけるということです。


NGなもの

 ・部屋着にしづらい素材・素材感・デザイン。具体的には、作りが凝っている(パッチワークや異素材コラボなど)装飾が多い(着用・洗濯に気づかいが必要)、化繊の割合が高い(快適度が下がる)、露出度が高い(襟ナシトップス・ミモレ丈より短いボトム)もの

 

つまり、今までよりも、シンプル&天然素材より&スポーティーよりということでしょうか。

たしかに、スポーツやアウトドアファッションアイテムは、機動性&機能性優れていそうですね。snow peakのアイテムには、ひそかに憧れています。ただ、高価です。また、個人的な過去のトラウマに関係してるのであまりザ・スポーツ/アウトドアにはしたくないのです。

 

結論。今後の手持ち服

 トップス→襟付き、鹿の子編み、リネン綿素材で、無地グレー一色か、無地白一色で、洗濯できるもの。ボトムス→スカートはミモレ丈かマキシ丈が基本。パンツは部屋着・パジャマにもできる綿混素材で、ウエストゴムか紐で絞れるもの。色はグレー・チャコールグレーが望ましい。(パンツに限り黒もOK)アウターは防寒性最優先、色はグレー、洗えると望ましい。

 

ミニマリストといいつつ、服を結構買いました。反省しつつ今後に生かします。


本日歯医者に行きました。

歯医者に行ったコーディネートです。

f:id:usahouse:20171011013750j:plain

部屋着のパンツをはいてます。白黒グレーのコーディネートです。

綿シャツ(白)+綿半袖Tシャツ(グレー)+部屋着パンツ(グレー)です。

バッグはうつっていませんが、コゲチャのトートを持っていきました。

f:id:usahouse:20170929072649j:plain

おしゃれではないかもしれませんが、着脱が楽で、部屋着にもなる、いい感じのコーデだと思っています。おしゃれ最優先のワードローブから、機動性と汎用性優先のワードローブ&コーデになります。でも、スカートも穿きますよ!

 

 

クリックしていただけると嬉しいです。