ミニマリストうさぎの備忘録

楽をするためミニマリストになった障がい・病気持ちの独女。愛うさぎと難病の友人に残りの時間を使います。

参考にならないミニマリスト

自宅で寝てる時間が長い引きこもりの私。 終活や緊急時のために一刻も早く物を減らさなければ!と焦っていた。 自分より持ち物が少ないミニマリスト達や、会社勤めをしている人達、パートナーや子どもがいる人達の生活と、自分を比べてどうする。地から足が浮いてしまっていたらしい。私は私としてしか生きられないのに。

 

基本はパジャマ

私の生活と服装について。一週間のうち半分は一日中寝ており、一日中パジャマ着用

部屋着=ご近所着。愛うさと戯れる時・うさハウスの掃除の時と、来客時のみ部屋着着用
外出着着用は月に数日。自分と愛うさと友人の病院へ行く時だ。 

 私は自宅で寝てる時間が長いので パジャマや部屋着の数が外出着よりも数があってもおかしくないのでは?(ちょっと思った)それに、パジャマはホットフラッシュで一晩で着ていられなくなることもある。

部屋着はむむ着を兼ねるため、毛がついて気管支に入った毛で咳がとまらなくなるので、部屋着とパジャマは別になりそうだ。

ameblo.jp

 

独り言ブログ

人の参考にならないかなどと偉そうなことを考えない方がいいことに気づいた。
私は他のミニマリストの情報を参考にしてきているが、おそらく私のそれは参考になる可能性は・・・かなり低い。それは、特殊だから。

このブログは独り言のように更新していこうと思う。人目にさらさないとやる気スイッチが入らない私だ。

 

 

クリックしていただけると嬉しいです。