ひきこもりアラフィフミニマリストの実態

寝てる状態メインの、病気&障がい持ち独身ミニマリストの日々。

服は16着になりました【ミニマリストの服】【2017秋】

 

16着の服 

f:id:usahouse:20170916123815j:plain

左上から右へ、MUJIのボーダーTシャツ、8分袖綿麻シャツ、麻トップス、スキッパーシャツ、うさぎプリントカットソー。


上から2列目左から、袖と身ごろの色が異なるカットソー、MUJIのウールシルクカーディガン、麻ロングカーディガン。


上から3列目左から、グリーンカーキ色綿ガウチョパンツ、グレー綿ガウチョパンツ、サテンパンツ、ライトグレーのウールタイトスカート、ライトグレーのカシミヤ混ウールスカート。


一番下の列左から、スカジャン、普通の冬コート、ロングダウンコート。

 

タンクトップやタートルインナーを数に入れていないので、厳密にはもっと数が増えます。

 

うさぎTシャツは、生地に穴を発見したので、部屋着になりました。薄手の生地とはいえ、ネットに入れて洗っていたのに、生地そのものが傷んでできた穴の様でした。残念です。

f:id:usahouse:20170915041153j:plain 

 

はじめての洗濯で生地が裂けた 

f:id:usahouse:20170916125028j:plain

 

12日に届いたスキッパーシャツですが、はじめての洗濯で、首の裏の布タグぬいつけ部分が少し裂けました。試着のみで、ネット使用で洗濯機での洗濯可とあるのにショックです。交換したいところでしたが、ラスト一着のセール品で、他に同じような品物が見つけられなかったので、修繕して着用します。

 

先のうさTも、スキッパーシャツのセール前の価格も、私にとっては安くないお値段でした。最近の服は弱いのでしょうか。弱い服もある、ということでしょうか。お値段と品質は一致するとは限りませんね。勉強になりました。  

 

クリックしていただけると嬉しいです。