ひきこもりアラフィフミニマリストの実態

寝てる状態メインの、病気&障がい持ち独身ミニマリストの日々。

外出先は病院メイン。アラフィフ女性、服選びの基準 色別のOK/NG 【ミニマリストの服】【2017秋】

 

私の外出は主に病院です。

不吉な色や病院滞在中の人達に

不快感を与えそうな色を

避けたいです。

  

外出が病院メインのアラフィフ女性・色別のOK/NG  

×マットな黒 

「喪服」色が強くなる危険性があるのでやめました。

 

×マットなマスタード 

肌や髪の艶が衰えた私が着ると

「土気色」「枯れ木」「ミイラ」という感じに

見方によってはこれも不吉と言えそうです。

 

◎緑 

若木」「新緑」など自然の生命力を思わせる色です。 

 

◎青 

空や水を連想させる青も好ましく感じます。 

 

×茶色

「土に還る」という言葉があるように

自然といっても生命以外をも連想させそうです。

私には似合わない危険カラーです。

 

×赤

「血潮」の色で、生命力を表す色だと思いますが、

血液の色なので、病院では、

他人を不快にさせるかもしれません。

おめでたい色でもあるので、

避けた方が無難だと思います。

刺激が強すぎる印象もあります。

 

△白(部分使いならOK)

病院での全身白は個人的に

経帷子など

不吉なものを連想するので

個人的にはナシです。 

部分使いならありだと思います。 

言わずもがなですが

黒×白、赤×白のコーデはなしです。

 

◎淡い色 

ピンク、イエロー、ブルー、グリーン、など

刺激の少ない淡色がいいと思います。  

 

結論 

穏やかで冷静さを与えてくれる色がいいです。

冷静でいることはとても大事です。

厳かすぎたり、不吉だったり、

緊張させたり警戒させたり

興奮させるような色ではなく、

やさしさや落ち着きをもたらす色を選びたいです。

 

私は、ライトグレー、白、シルバー、青系を使いたいです。   

 

クリックしていただけると嬉しいです。