ミニマリストうさぎの備忘録

楽をするためミニマリストになった障がい・病気持ちの独女。愛うさぎと難病の友人に残りの時間を使います。

スキッパーシャツ投入&冬物部屋着全出し

 

通販で買ったスキッパーシャツが届きました

 

f:id:usahouse:20170912101804j:plain

グレーの長袖シャツです。

良かった点は、まずお値段がリーズナブルなこと。送料込で2000円位でした。次に素材と取り扱いが楽なこと。鹿の子編みなので綿100%素材&襟付きでもアイロンかけずに済みます。沢山のシャツ画像と見比べましたが、このシャツは画像通り襟の開き具合が狭かったです。ずっとタートル着用だった私には抵抗が少なく済みそうです。開いてない方が風邪もひきづらそうですし。商品紹介欄には素材表示がありませんでしたが、鹿の子編みなのでべたつかないと予想しての購入。洗濯機で洗えます。サイズもいい感じでした。

いまいちだった点は、予想より暗めの色だったこと。画像は明るめにうつしているんだと感じました。マットなグレーで顔写りは正直よくありません。一般的な明るすぎず暗すぎないグレーですが、私にとってはライトグレーがベターでした。そして、染料なのか薬品のような匂いが強く驚きました。洗濯して着ることにします。

無印良品のカーディガンを重ねて上の3つのボタンを外してみたらいい感じになりました。スキッパーシャツのマットな素材に光沢のあるカーデ、サテンパンツを合わせるつもりです。

  

カーデとスキッパーシャツを合わせたところ

f:id:usahouse:20170912215221j:plain

 

無印カーディガンとサテンパンツ

f:id:usahouse:20170912101833j:plainf:id:usahouse:20170912101823j:plain

 

 冬物の小物と部屋着の全出しをしました

 

  • フリース上下 2組
  • 綿ソックス 2組
  • 厚手ソックス 2組
  • 厚手ウールワンピース 2着

 

 写真を撮らなかったのですが、書きながら後悔しましたので、後日あらためて紹介します。

フリースの部屋着はパジャマか先日部屋着にしたタートルカットソーの上に着ます。厚手ソックスは綿ソックスだけでは寒い時に重ね履きします。ソックスはだいぶ毛玉ができてますが暖かいので穴が開くまで履きます。厚手ウールワンピースは、真冬の一番寒い時期や、病気の時の防寒用部屋着です。一冬で数日程度の出番です。数年前に中古で買ったウール100%のものですが、まだまだ長持ちしてくれそうです。

以前はウールの前開きロングカーディガンを着ていましたが、ボタンの穴に愛うさぎ・むっちゃんのつめがひっかかり折れる事故があったので、それ以来ボタンなしのシンプル・ハイゲージウールワンピに限定しました。ローゲージだと、編み目につめや指がひっかかる危険があります。うさぎ以外でも、昔飼っていたインコの指が、セーターの編み目にひっかかることがありました。生き物と暮らしている場合、自分だけではなく相手のことも考えて服を選ぶ必要があると感じています。

ameblo.jp

 

クリックしていただけると嬉しいです。