ミニマリストうさぎの備忘録

楽をするためミニマリストになった障がい・病気持ちの独女。愛うさぎと難病の友人に残りの時間を使います。

ワードローブの見直し

手持ち服の紹介の途中ですが、色々変化があったので、書きます。

 

タートルネックが似合わなくなってきたショック

 

 元々丸顔で似合うとは言えないのですが、寒がり冷え性の私は、冬はおしゃれより防寒優先です。ここ10年強、冬のトップスはタートルニットオンリーできました。インナーのタートルを見つけてからは、タートルネックのインナー+タートルニットで通してきました。

ところが、ここ1、2年、顔の肉が下垂してきてブルドッグ化が進行し、より首が短くみえるようになり、タートルのカットソーでさえ、文字通りカメのような容貌になってしまうことに気づきました。寒がりなのに、Vネックやスキッパーシャツがまぶしくみえる。 過去にタートルをやめてデコルテを出そうとVネックニットで短時間外出しただけで、冷えて高熱を出した経験から、もう一生タートルしか着ないと決めたものの、まさかのタートル一直線方針の見直しです。ワードローブも見直し中です。  

今のところ、スキッパーシャツとハイネックのインナー+カーディガンで代用するつもりです。今のハイネックインナーは薄手なので、首が太く見えづらいのです。うまくいけば、インナーだけではなく上に着るタートルニットも不要になるかもしれません。タートルニットではなく、ボートネックのニットをカーディガンの中に着ることも考えましたが、ニットは伸びやすいです。私は基本的にクリーニングを利用しないので、中に着るものはニットよりもカットソーがいいのです。

自宅では似合わなくてもひきつづきタートルで通します。手持ちのタートルカットソー2着は、部屋着もしくはむむ着(愛うさ・むっちゃんと戯れる用の服。つめがひっかからず、おしっこや毛がついてもOKなもので、部屋着とは別)にします。私の場合、冬物のトップスは部屋着への格下げもありです。ちなみに夏物は別が基本です。

f:id:usahouse:20170911181938j:plain

 

ファッションのメインカラーとサブカラーを決める

 

 全身の色遣いを3色以内にすると統一感がでると聞いてましたが、最近読んだ『わたし史上最高のおしゃれになる!』という本に、自分のメインカラーとサブカラー(それぞれ3色以内)を選ぶことが紹介されていました。好きな色で手持ちのアイテムで最も多い色をメインカラーに選び、面積小さめ・小物メインに使う好きな色をサブカラーに。

私は、ファッションはライトグレー基調に白・シルバープラスした色使いを目指します。手持ちの黒・ネイビーのアイテムをグレーに替える予定です。病院に行く頻度が増えるので、重く暗い色は気持ちが沈みがちなので避けたいです。ネイビーは上品で好きですが今の私には堅苦しいです。

f:id:usahouse:20170911182117j:plain

さらに、マスタード色のスカートも処分を検討中です。

f:id:usahouse:20170905184420j:plain

素材、素材感、デザイン、品質は気に入っていますが、ライトグレーとはぼやけた色同士で合いづらく、避けています。また、サイズは、ウエストが緩くトップスがはみでるなどの難点があります。

 

わたし史上最高のおしゃれになる!

わたし史上最高のおしゃれになる!

 

 まだまだ試行錯誤中ですが、マイペースで楽しみつつ頑張ります。

 

 

クリックしていただけると嬉しいです。